プロペシアは本当に効果があるのか

AGA治療の為の飲み薬として、現在多くの人に活用されているのがプロペシアです。

以前は育毛や発毛治療というとても困難なものでしたが、今ではこの治療薬の誕生のおかげでそれもぐんと簡単なものになりました。

脱毛を改善するには植毛やカツラを使うなどさまざまな方法がありますが、これは医師に処方してもらえば自宅で自力で改善していくことができるので、とても魅力的な商品です。

本当に効果があるのかなと思われる方も多いと思います。
プロペシア 効果は個人差がありますが、一般的に明らかに改善が見られるようになるには約1年程かかると言われています。
脱毛に悩む人にとっては一日も早く改善されてほしいと思う気持ちでいっぱいだと思いますが、プロペシアを服用したからといって、すぐに劇的な変化があるわけではないということです。

プロペシアは薄毛の原因物質DHTの生成を抑える効果はあるのですが、積極的に発毛を促してくれるわけではないのです。

臨床試験のデータでも明らかになっていますが、薄毛の進行を止める効果はほぼ100%で、守りに関してプロペシアは非常に優秀です。
しかし毛根に働きかけて毛が生えるようにしてくれる作用はないのです。

その為、より確実に薄毛を克服するには攻めの育毛剤が必要になってきます。
その役割にピッタリなのが、ミノキシジルです。
ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけることで、細胞分裂を促し、発毛を促進させる効果があります。
プロペシアとミノキシジル。
攻めの薬と守りの薬を併用していくことが、薄毛克服にとても威力を発揮します。

また、抜け毛の防止には早寝早起きがとても大切です。
午後10時から午前2時は男性ホルモンの分泌が盛んになり、毛母細胞が活性化される時間帯であるため、出来るだけ早く寝て、頭皮環境を整えることも重要なのです。