プロペシアを継続的に服用して頭の毛の脱毛を防ぐ

頭皮が薄くなってくる原因として、男性ホルモンの影響を受けるAGAというものがあります。
AGAには男性ホルモンが大きく関与していることが解明されていることもあって、AGA治療薬としてプロペシアなどの医薬品が開発されています。
プロペシアに配合されている成分であるフィナステリドは、頭皮の薄毛を進行させてしまうDHTの生成を阻害させる効果があります。
DHTはステトステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼが結合することで生成されるものですが、プロペシアを服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害できますので、頭が薄くなる原因になるDHTが増加することを防ぐ効果があります。
プロペシアは直接的な育毛や発毛を促進させる薬というよりは、頭が薄くなる原因の男性ホルモンを増加させないことで、通常の健康的な頭皮の環境に戻すための治療薬となります。
プロペシアを継続的に服用することによって、ヘアサイクルを取り戻すことが可能となり、髪の毛が太くなったり、抜けにくい状態にすることができて、全体のボリュームを増やせます。
AGA治療の効果を得るためには継続的な服用が必要な医薬品で、目安としては半年ほどの期間にわたって飲み続けることになります。
1度効果が得られたからといって、継続的な服用を止めてしまうと再びAGAが進行してしまって、薄毛や抜け毛になってしまう危険性があります。
プロペシアは認可を受けている医薬品ですので、専門的な外来が設置されている医療機関を受診することによって、医師に処方してもらうことが可能です。
ただし、保険の適用は受けられませんので、継続的な服用を行っていく上で費用面の問題も起こってくると考えられます。
AGA治療薬としてプロペシアを服用する治療法を選択するときには、事前にどの程度の費用が必要になるのかしっかりと考慮に入れた上で行うことが大切になります。